2017年2月6日月曜日

Chabo's Teeth Extraction -- ちゃー坊の抜歯

今日はうちの猫のこと。

ちゃー坊、13歳と半年。
トレードマークはウサギのような丸い尻尾。

つい2ヶ月ほど前に
麻酔をかけて歯石を取ってもらったちゃー坊

そのとき、
口内炎はあったものの、
歯にはこれと言って異常が見られず、
しばらくはよい状態が続いたものの、
それから数週間経った頃から、
また口臭がきつくなり始め、
口を痛がるようになりました。

ああ、もうこれは抜歯しかないかなー
と思い獣医さんに連れて行って診てもらうと、
上の奥歯の周辺が真っ赤、、、

これは相当痛くて、
食事どころではないはず、、、

ちゃー坊と呼んでいるものの、
すでに13歳を過ぎ、立派な老猫。

また痛いながらも
食事を食べられている今は
体力的にも大丈夫ですが、
食べられなくなると、
体力も落ち、
内臓も若い頃に比べたら弱り、
そのため麻酔のリスク度も上がります。

ホメオパシーでも口内炎の治療はありますが、
日本にいたとき
沢山の口内炎で苦しむ猫たちを見て、
完治させるのは、とても難しい。

とにかく今してあげたいことは、
一刻も早く苦痛から早く解放してあげること。

そう考えていたので、
その場ですぐに抜歯してもらうことを決めました。

先週の金曜日、
午前11時に獣医さんへ連れて行き、
血液検査の後、
歯を割って、
根っこを除去してと、
手術時間はおよそ2時間。

「手術が終わって目が覚めたら連絡します」

と獣医さんから言われたものの、
その電話をいただくまでの長かったこと。

その日の夜に家に帰ってきたちゃー坊は、
まだ口の周りが痺れているのか、
ヨダレが滝のようで、
およそ1日半食べれなかったことで
小さくなってしまい、
どんなときでも側にいて撫でれば
ごろごろと喉を鳴らす子が
それをすることもなくひたすら丸くなって眠り続ける姿を見て、
心がとても痛みました。

それでも
命はやっぱり強くて、
ちゃー坊の状態は日に日に良くなり、
手術の翌日の朝にはチキンスープと湯がいたチキンを食べ、
その翌日にはいつものようにキッチンの前で待ち、
鳴いてご飯を催促するようになりました。

そして今日はご飯を完食。

これまで
冷たいのがしみるのか、
中々思うように食べられなかった大好きなヨーグルトも
冷たくっても大丈夫。

夜には
今日はちょっと奮発してお刺身を食べていると、
「ちょうだい、ちょうだい」と背伸びをして鳴く、鳴く。

口が痛かった時は、
部屋の中が温かくても、
重箱を組んで
小さく小さくしていることが多かったのが、
今はのびのびと
安心したかのような表情で眠っています。

費用はそれなりにかかりましたが、
(トルコは獣医さんがめっちゃくちゃ高い、、、)
それでもとにかく、
ちゃー坊が早く良くなってくれることが一番。


《お世話になった獣医さん》
Vet Kadıköy Veteriner Saglık Merkezi
Website
Open 24hrs, 7days/week
※24時間、年中無休


ブログランキングに参加しています。 応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村 にほんブログ村

2017年1月24日火曜日

The Day of Hifumi -- ひふみの日に

1月23日。

昨日は久しぶりに島に行ってきました。

遠くに見えるのがアジア大陸。

大勢の人が住む町に暮らしていると、
耳に入ってくる音の多いこと。

車の音や、生活音などもですが、
人と関わることが多ければ多いほど、
そこから入ってくる情報も多く、

「もう、おなかいっぱい!」

となることもしばしば。

トルコは
国の締め付けが日毎に強くなっているように感じられ、
特に昨年7月のクーデターからしばらくは、
国の将来に絶望的な人も多く、
ピリピリした空気でいっぱいでした。

それは今でもあまり変わっていませんが、
冬にアメリカに旅して感じたことは、
どこの国でも似たような問題を抱えている、ということ。

小さいけれど、
ここにもビザンチン時代の名残があります。

恐らくその根源には、
国に対する依存というか、
期待というか、
そんなものがあるのではないでしょうか。

ここ最近の世界の在り方を見ていると、
そろそろ本当の意味の
『自立』が問われる時代になってきているのではないか、
そんな風に感じています。

ただ、自立といっても、

ひとりで何でも

というのはやっぱり無理があるし、
『人』という漢字が現しているように、
人はお互いを支え合い、
得意なことをわかち合いながら生きていくことが
幸せに生きていく一つの方法ではないか、と思うのです。

観光客が少ないので、自由に野山を走り回る馬たち。
でも彼らの多くは純粋な馬ではなく、ロバと掛け合わせたラバ。

私はここで『外国人』だからかもしれませんが、
何があっても日々の生活は変わりません。

自分を取り巻く環境が変わっても、
自分がどうありたいか、
どう生きたいか、
それを実行することで、
環境に左右されにくい生き方が実現するのではないかと、
ここで出逢った人たち、
経験した多くのことから、
教えてもらっています。

そんな気持ちで島に向かったこともあってか、
馬たちに迎えられ、
空には小型の鷹が飛び、
海には沢山のイルカが泳ぎ、
七色の光を放つ太陽を眺め、
温かく穏やかな一日を過ごしました。

小さいけれど3羽の鷹。

こちらは更に分かりづらいけれど、2頭のイルカ。
この群れには恐らく10頭以上いたようです。

思い悩むよりは
まず行動。

もうすぐ立春。
自然界では多くの命が芽吹く時期です。
忙しい時間から少し距離をおいて、
自然の中に身を置き、
その有り難い息吹を感じることも
大切だと思います。


ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

2017年1月13日金曜日

お知らせ

昨日お知らせしたオリーブオイルの販売について
お陰様で限定数に達し完売しました。

予約購入してくださった皆さま、
ありがとうございました。

また完売したため
お譲りできなかった皆さま、
ごめんなさい。

もしまた何かの方法でお分けできる方法があったらお知らせしますので、
興味のある方はコメントか、
以下のメールアドレスにご連絡ください。

*連絡先メールアドレス*
charmiesistanbul☆gmail.com
(☆を@に変えてくださいね〜)

ありがとうございます☆