2017年12月16日土曜日

Ayva Zamanı -- カリンの季節

早いものでもう12月。

イスタンブールはここしばらく春のように暖かな日が続いています。
まだぎりぎり秋を感じはしますが、八百屋さんに並んでいる野菜や果物のラインアップを見ていると、間もなく寒くて冷たい冬がやって来るんだなぁ、と感じます。

そしてこの時期はカリンの季節。
カリンは日本でもこの時期あちこちで見かけますね。

カリンはのどの薬として有名で、中国では『杏一益、梨二益、花梨百益』と言われるほど、有益な果実のようです。
日本では普通、ハチミツ漬けやジャムにすると思いますが、トルコでは生で食べるんですよ、カリンを!

でも調べて見るとトルコで『カリン』と言われているものは、『マルメロ』(西洋カリン)という果実で、日本のカリンとは少し違うようです。
また日本のカリンは生食不可とありますが、これは『食べちゃダメ』な訳でなく、『食べても美味しくないよ』なのだと思います。
渋柿と同じですね、多分。

トルコのカリン?マルメロ?は、生食可とありますが、でも正直、酸っぱいしえぐいです。
ただ渋柿のように吐き出すほどではなく、酸っぱさとえぐさを感じつつも、食べられます。
私も出されれば食べますが、本音を言えば火を通した方が断然好き。

ちょうど風邪を引いて咳が長引いていたので、百益あるであろうカリンのスイーツを作ってみました。

材料: カリン2個
    レモン半分
    砂糖 適量(100gくらい?)

これがトルコで『カリン』と言われて売られているもの。
2個で150円くらい。


まずは洗って皮をむいて、中心のワタと種を取り出します。
カリン、固い、、、


取り出したワタと種は別にして、少量のお水で10分ほど煮ます。
ご存知の方も多いと思いますが、カリンの種にはとろみを出す成分があるそうです。
ただし、この種、生だと毒があるので要注意!(毒は加熱、アルコール漬け、砂糖漬けで分解されるそうです)


そしてこのとろみのついた液を濾して、先に皮をむいて切ったカリンに水と砂糖を加えて、煮ます。(火加減に気を付けて)


友だちから、「赤くなるまで煮るのよ!」って言われたんですが、一向に赤くならない、、、(下の写真の時点で30分強)
これ以上煮ると煮くずれてしまうので、1時間弱で火から下ろし、絞ったレモンジュースを加えました。


出来上がりー!
砂糖が少ないのとレモンが少し多かったのか酸っぱめですが、私はこれくらいが好きかな。


さて、カリンが赤くならなかった理由。
分かりません。
友だちによると、彼女がこれまで作ったこのスイーツ、赤くならなかったことはないそうで。
でも去年、階下の奥さんからいただいたカリンジャムも赤くなかったなぁ、、、

ちょこっとだけ調べてみたら、カリンに対して砂糖30%が一番赤くなったと書いてある記事がありました。
なのでもしかしたら砂糖の量と関係しているのかもしれません。

まあ、でもそもそもカリンが加熱すると何故赤くなるのか、ということ自体よく分かってはいないみたいなので、私が今回使ったカリンは『赤くならないカリン』だということにしておきましょう(笑)

美味しいので、また作ってみて、赤くなったらご紹介しまーす。

ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

2017年11月14日火曜日

Olive Oil 2017 -- オリーブオイル 2017年

秋!

ということでオリーブの収穫が始まり、今年も昨年に引き続き、収穫のお手伝いに行ってきました。


お手伝いは丸二日。
早朝、まだ暗いうちに起き、山間から太陽の光が差し込む頃から作業開始。
日中は暖かいものの、朝の気温は5度。
おまけに初日は風も強く、かじかむ手を温めながらの作業でした。

普段の運動不足から、久しぶりの肉体労働はキツかったですが、それでもオリーブの木々に囲まれながらの作業は楽しく、また自分が普段食べているオリーブオイルの収穫をお手伝いできることは、とても幸せなことです。

今回は一日の作業の様子を動画にまとめてみました。
是非、ご覧くださいませー


トルコで色々と体験させてもらっていますが、私的にはこのオリーブの収穫が一番楽しい!
今シーズンは出来たらまたお手伝いさせていただきたいなー


ブログランキングに参加しています。

応援していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

2017年10月15日日曜日

人と人

一昨日、よく行くご近所のカフェにいたときのこと。

この日は町がピンクに染まる。
美しいイスタンブールの夕焼け。

外で何かが倒れる音がしたので見てみると、人の足と杖が見えました。
飲んでいたお茶を置いて外に出て見ると、近所に住むおじいさんが道ばたに倒れていました。
しかも、足が悪い人には不向きなサンダルで、上半身は下着、履いているズボンも脇が破れています。

私以外にも2人の女性がおじいさんに駆け寄り、起こそうとしましたが、おじいさん、「いい、いい、自分で起き上がれるから」の一点張り。
女性や外国人に助けられるのがイヤなのかもと思い、カフェのオーナー(男性)を呼ぶと、向かいのカフェからも男性が出て来て、おじいさんを抱き起こしました。

おじいさんは、向かいの通りにある『バッカル』という、日本で言うコンビニみたいな小さなお店に行きたかったようです。
お酒を買いに。

そのおじいさんはそのカフェの通りにあるアパートに住んでいて、ご近所の人と窓越しに話してる?揉めてる?のを夏に何度か見かけたことがあります。
暑い最中、ということもあって、上半身はいつも裸。
そしてとても痩せていて、肌の色も悪い。

カフェの人に聞くと、おじいさんは一人暮らし。
お金持ちなので、恐らく子どもたちはアメリカに住んでいるようだ、とのこと。
食べるものもきちんと食べず、昼間から酒浸りのようで、この日も抱き上げたカフェのオーナーによると「お酒臭かった」そう。

大都市イスタンブールといえども、ご近所付き合いが濃厚な私が住む地区でこのような孤独なお年寄りを見ることは珍しいことだと思いましたが、おじいさんを見ていてとても頑なな印象を強く受けたので、ご近所さんも段々と離れて行ってしまったのかもしれません。

寂しいなぁー

また、先週、連日朝早くーロッパ側に行く用事があり、プチ『電車通勤』を体験したのですが、そのときに気がついたのが、席を譲らない人の多いこと!
これまでいたるところで年長者に席を譲ったり、荷物を持ったりするのを手伝うのを見るたびに、その光景がとてもあったかくて、「トルコ人っていいなー」って思っていたのに、それがめっちゃ少ない!

以前日本に旅行に来たトルコ人が、「日本人は何故、電車やバスの中で年長者に席を譲らないのですか?トルコでは誰もが席を譲ります」というのを聞いてとても恥ずかしく思ったことを思い出しましたが、それから数年たった今、イスタンブールでも同じことが起きています。

イスタンブールでも、人と人との繫がりが希薄になってきているのでしょうか。
何だか、寂しいなぁー

で、先ほどのおじいさんの話し、少し続きがあります。

おじいさんを抱き起こしてバッカルに引き渡したカフェのオーナー。
おじいさんのことを繰り返し声高に批判しながら、コロンヤで手や洋服を拭っていました。

まあ、昼間から酒臭い、頑ななおじいさんに対し愚痴が出るのは分かるんですが、私が引っかかったのは、コロンヤ。

このコロンヤ。
エチルアルコール80%に香料が入っているのですが、除菌やリフレッシュしたいときによく使われます。
私の感じ方なのかもしれませんが、おじいさんに触った自分の手やおじいさんに触られた洋服の部分などをコロンヤでひっきりなしに拭いているのを見て、何だかおじいさんが『汚いもの』のように扱われたように思えて、悲しくなってカフェを出ました。

誰しもみんな平等に歳を取ります。
そしてそのとき、自分がどんな老人になるか、健康な今は分かりません。
昼間から酒浸りになるおじいさんにも、そうなってしまう理由があるのです。

私も、自分がおじいさんの歳になったとき、どんな歳の取り方をしているか分かりません。
でも在りたい自分で在れる今は、人の心に寄り添える心の余裕を、私は持っていたいな、と、そんなことを考えさせられた出来事でした。


ブログランキングに参加しています。

応援していただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村